について KNEADER MACHINERY

ニーダー機械会社は西暦1981年に設立されて、台湾の始めての加圧型ニーダー混練機製造メーカーの第一社で、36年以上の経験の積重ねと研究開発の更新を持って、4000 台を超える実績の顧客の評判を得て、ニーダー会社は最早国際的な専門リナー式混練機の大手メーカーになりました。会社名称のニーダーをその混練機の代表専門名称になりました。現在、両岸生産拠点の総生産面積は2万坪を超え、徐々に拡大する市場に対応することができます。政府の政策に基づき、屋根に太陽光発電を導入し、省エネルギーと炭素削減を図っています。

台湾本社を設立し、繁栄している事業規模を統合し、台湾と本土に加えて新たな工場を建設し、米国とベトナムで新工場を建設して新工場を建設し、会社と顧客の間で最大の規模を確立する。 同社は40年にわたる持続可能な事業計画を打ち出し、新しい血液や才能を舞台に投入し、企業文化を継承し、専門技術を時代に適合させ、顧客に永久供給を提供している。 ビジネス。

プラント設備全体
 顧客にもっと良いサービスを提供するために、全体のレイアウトを考えて、ニーダー会社は統合的な工程流れの設計発展に向かって、顧客のニーズにこたえて、工場全体の機械設備のレイアウトをアドバイスします。そして、台湾本社及びリナー機械会社のアメリカ支社(西暦1997年成立)で実験室を作って、試験データで、顧客のフィードバック及び31年以上の経験の積重ね、最先端のコンピューターソフト支援技術、顧客のニーズにこたえる本体及び工程流れ、顧客と一緒に一番ベストな解決方案を探します。中には最も代表的なのはKD式プラスチック造粒設備及びKD式シール/チューブ押出成形設備です。

最新バージョンのISO9001の精神と要件に加えて、同社は是正措置、予防、リスクアセスメント、ビジネスプランニングの長期目標を引き続き持ち続けています。 ゴム原料は、原料の充填→粉体、顆粒、ブロックおよび液体の移送→マイクロメーターまたは大量の自動計量→実験室の開発または多数のものから、現在の高度にカスタマイズされた市場の需要を満たす良好な装置を提供することができる 混合・混合→粉塵ろ過→錠剤又はゴムペレットの製造→スライス又はペレット化→空冷又は空調冷却及び水冷及び脱水→ゴム及びプラスチック原料の完成自動化された生産ライン全体の、インダストリー4.0への移動

VIDEO
会社概況
設立時間:
1981  
資本金:
US$2,000,000.-
代表取締役社長:
陳金發 先生  
海外含み全社員数:
220
主な製品:

強力加圧型ニーダー混練機, 強制式投入押出/造粒機, KD型プラスチック

造粒装置システム, KD型プラスチックシート/リボン製造システム,

錐状シート押出機, 各種類フィルム/シート/プラスチック粒冷却貯蔵設備,

 無加圧2軸アーム式混合機

所在地
場所:
No.2, Ln. 81, Niaosong 3rd St., Yongkang Dist., Tainan City 710, Taiwan
電話:
+886-6-243-8586
ファクス:
+886-6-243-4205
Email:
sales@kneader.com.tw